日本ロボット学会学術講演会併設「震災対応ロボティクス・シンポジウム」資料

パネリストのパワーポイントを公開

間野隆久(製品科学技術センター)「これまでの海外の取り組み」
平成11年9月の東海村臨界事故をうけて、平成11年度第二次補正予算(電源特別会計)原子力防災支援システム開発費補助金30億円のプロジェクトが実施された。このプロジェクトの一環として当時行ったヨーロッパ,特にフランス、ドイツの原子力設備事故対策を担当する組織の当時の調査結果と、現況を概説。

大須賀公一(大阪大学)「災害対応に求められるロボット技術」
平成7年1月の阪神淡路大震災をきっかけに生まれ、平成23年3月の東日本大震災までの間に実施されてきた災害対応ロボット・レスキューロボットのロボット研究の経験に基づいて、ロボットの研究の方向性を展望した。災害の様相の多様性と、必要な機材の階層生、研究の連続性、災害時と平時の連続性、尖った先端研究と広い周辺技術を階層化させた市場を作ることの重要性を指摘した。

中村仁彦(東京大学)「対災害ロボティクス・タスクフォース」
ボランティアの超学会組織、対災害ロボティクスタスクホース(チェアマン:淺間 一)のこれまでの活動を説明し、中期的な原発対策に向けた指針、長期的な災害対策に向けた研究開発の取り組みについての提案を行った。対災害システムと「防衛」、災害対策義務の法整備、中立的な民間研究機関の設立の提案等を紹介。

日本ロボット学会学術講演会併設行事: 「震災対応ロボティクス・シンポジウム」

日時: 2011年9月6日(火) 13:00-16:00
場所: 芝浦工業大学 交流等5階大講義室
主催: 日本ロボット学会
協賛: 対災害ロボティクス・タスクフォース
プログラム:
13:00-13:05 挨拶 ロボット学会会長
13:05-13:55 災害に対する備えとしてのロボット技術
13:55-14:45 東日本大震災におけるロボット技術の適用
14:55-16:00 パネルディスカッション:災害時にロボット技術をスムースに導入するための課題



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中