日本ロボット学会学術講演会併設:震災対応ロボティクス・シンポジウム (2011.9.6)

日本ロボット学会学術講演会の併設行事としてシンポジウムが一般に公開されます。対災害ロボティクスタスクフォースも協賛しています。参加費は無料です。お誘い合わせの上でご参加下さい。

会場:芝浦工業大学 豊洲キャンパス
〒135-8548  東京都江東区豊洲3-7-5
http://www.shibaura-it.ac.jp/access/index.html

併設行事: 震災対応ロボティクス・シンポジウム

日時:  2011年9月6日(火) 13:00-16:00
場所:  特別講演室(交流等5階大講義室)
対象:  一般
協賛:  対災害ロボティクス・タスクフォース

■開催要旨:
東日本大震災およびそれに伴い発生した東京電力福島第一原子力発電所の事故の対策において,無人化施工などの遠隔操作技術を含むロボット技術がすでに導入されており,また今後も,復旧を含む中長期にわたる計画において,その適用が期待されている.しかるに,これまで国内で開発されてきたロボット技術が,スムースに活用できたかといえば,必ずしもそうではなかった.本シンポジウムでは,これまで,東日本大震災および原子力発電所の事故対策として用いられた技術や,現在産官学で検討されている取り組みについて紹介するとともに,ロボット技術活用における問題の検証を行い,今後の課題解決をいかに進めるべきかについて議論を行う.

■概要:

災害対応ロボティクスに関する官の取り組みの紹介
各省庁およびその連携による取り組み
災害対応ロボティクスに関する学の取り組みの紹介
対災害ロボティクス・タスクフォースや各学会での取り組み
災害対応ロボティクスに関する産の取り組みの紹介
産業競争力懇談会プロジェクト
ロボットビジネス推進協議会における検討
東日本大震災および原子力発電所事故の対応におけるロボット技術適用事例紹介
パネルディスカッション「今後の災害対応に求められるロボット技術の開発とその運用」

■プログラム
震災対応ロボティクス・シンポジウムプログラム

平成23年9月6日(火)13:00-16:00
(プログラムは若干変更される可能性があります)

13:00-13:05 挨拶(5分)
川村会長(立命館大学)

13:05-13:55 災害に対する備えとしてのロボット技術
ロボットビジネス推進協議会における検討(10分)
石黒 周(MOTソリューション)
経済産業省における災害対応ロボット応用技術開発(仮題)(10分)
藤木俊光(経済産業省製造産業局産業機械課)
産業競争力懇談会プロジェクトにおける検討(10分)
淺間 一(東京大学)
産業競争力懇談会プロジェクトWG2(無人化施工)における検討(10分)
鶴岡松生(鹿島建設)
産業競争力懇談会プロジェクトWG3(原子炉解体)における検討(10分)
齊藤莊藏(日立GEニュ-クリア・エナジー)

13:55-14:45 東日本大震災におけるロボット技術の適用
原子力発電所における事故対応で活用されているロボット技術(10分)
淺間 一(東京大学)
福島第一原子力発電所へのQuinceの導入(10分)
小柳栄次(千葉工業大学)
青森・岩手・宮城県でのロボットを用いた震災対応活動と今後の課題(10分)
松野文俊(京都大学)
遠隔操縦機ROVによる水中探索(10分)
浦 環(東京大学)
セラピー用ロボット・パロによる震災等被災者・支援者等に対する心のケア(10分)
柴田崇徳(産業技術総合研究所)

14:55-16:00 パネルディスカッション:災害時にロボット技術をスムースに導入するための課題
日本における原子力ロボットの取り組み(10分)
淺間 一(東京大学)
これまでの海外の取り組み(10分)
間野隆久(製造科学技術センター)
災害対応に求められるロボット技術(10分)
大須賀公一(大阪大学)
対災害ロボティクス・タスクフォース(10分)
中村仁彦(東京大学)
ディスカッション(25分)
モデレータ:淺間 一(東京大学)



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中