日本のロボット利用に関する現状と課題 −福島第一原発における災害用ロボット活用事例から読み解く−

IEEE記者セミナーとして、東北大学小菅一弘教授と田所諭教授による標記セミナーが8月4日、東北大学東京分室内会議室において開催されました。小菅教授はIEEE Robotics and Automation Societyの会長、田所教授は同次期副会長。田所教授のPDF を提供いただきアップロードしました。セミナーの取材記事のリンクを以下に貼ります。詳しい内容が紹介されています。

(紹介記事)
マイコミジャーナル
Response



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中