ICRA スペシャルフォーラムに多数の参加者

上海で開催されたIEEE ICRA2011でROBOTAD主催のスペシャルフォーラム 

米国電気電子学会ロボットと自動化部門主催で上海で開催された、ロボットの最も大きな国際会議IEEE ICRA2011において、5月11日11:20-12:40 (上海時間)にスペシャルフォーラム「日本における災害とロボット技術についての第一報」が開催されました。開会式に使われた1000席を超える上海国際会議場 国際講堂を7割程度埋めた参加者は、学会参加者の大きな関心を示していた。日本の災害の状況やロボット技術についての説明に大きな反響があり、国際協力の申し出などの声もたくさん寄せられました。USTREAM放送の準備をして行きましたが、現地のインターネット事情から生放送は断念しました。ビデオ録画をしましたのでスペシャルフォーラムの映像を間もなくアップさせていただきます。

なお、General Chair の Zexiang Li 教授、Executive Genral Co-Chairの T.J. Tarn 教授、Program Chair の Yuan Fang Zheng 教授には急なフォーラムの企画に賛同いただき、プログラムに加えていただきました。ありがとうございました。また前日には急遽、参加者のためのお弁当を500人分用意していただくなど、総力を挙げて手厚いご支援をいただきました。心から感謝いたします。



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中