活動リポート(3)

東京工業大学 広瀬茂男教授らのチーム 宮城県亘理町で活動

情報提供 広瀬茂男 東京工業大学 教授

   出動に使ったキャンピングカー         Anchor Diver IIIの全体

4月19日 宮城県亘理町にキャンピングカーで到着、亘理町小学校校庭で朝を待つ。

9:00 災害対策本部を訪問し探索法の打ち合わせ。 荒浜港南側にて探索を開始。嵐が激しく自衛隊のボートが小型であるためのボートに乗っての牽引探査は中止 し、桟橋からの探索のみ実施。

4月20日 天気が回復したので、荒浜港北側での探索を実施。 途中、大量に散乱している
定置網に絡まる事故が発生したため保護対策を実施。

昼すぎ、探索の要請があった隣の山元町災害対策本部を訪問して現地視察。こちらの状況はさらにひどく、岸壁からの接近が難しく、ボートもないので探索 を断念再び荒浜港に戻り、午前中とは別の北側岸壁において探索を実施。

17:30撤収

Anchor Diver III を用いた岸壁からの捜索の様子とソナー/ビデオ画像

総計数100平米程度(最大深度4m程度)の領域において、ソナーに映る対象に近づきハイビジョンカメラで確認する探索作業を実施した。ご遺体の発見はなかった。水の透明度は悪かったが接近して見るため対象は十分確認できた。ワイヤを張る方式であったため安定して対象を確認できた。有線方式ROVの宿命である電線の海底瓦礫への絡みつきは起きず操作性も良かった。Anchor Diver IIIはこのような作業に適していた。このような捜索作業の経験を積むことができた。

参加者:
東京工業大学 広瀬茂男、黄雅文、上田紘司
㈱ハイボット Michele Guarnieri Paulo Debenest

連絡先:
広瀬茂男
東京工業大学 大学院理工学研究科 機械宇宙システム専攻 卓越教授
NPO国際レスキューシステム研究機構理事
hirose@robotics.mes.titech.ac.jp
URL: http://www-robot.mes.titech.ac.jp/



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中