ロボットの耐放射線性(4)

ガンマ線の照射実験施設

ロボットやメカトロ機器の耐放射線をテストするためには実際にガンマ線を照射して,機器が故障するまでの放射線量を計測することが必要になります。(このテストが有効な理由に着いては「ロボットの耐放射線性(1)(2)(3)」を読んでください。)ガンマ線照射試験が行える施設は,全国の多くの大学や研究機関の共同利用施設として存在しています。施設の利用資格,可動状況,持ち込める機器の大きさ等はそれぞれに異なっていますので,それぞれ調べる必要があります。以下はWEBで見つけられる施設の一例です。当然,一定時間の中で機器が故障するまで照射して,故障状況を調査するわけですから,高価な実験になります.



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中