原子力委員会の専門部会に専門委員として浅間チェアマンが参加

内閣府原子力委員会のもとの、東京電力(株)福島第一原子力発電所における中長期措置検討専門部会の専門委員として、浅間 一(東大教授、ROBOTAD チェアマン)が参加。

これまでの第一回(8月3日)、第二回(8月31日)、第三回(9月14日)の会議資料と議事録(第三回は現時点では録音)が公開されている。

内閣府原子力委員会、中長期措置検討専門部会会議資料・議事録

重要資料:
第1回
資料第2-3号 東京電力福島第一原子力発電所・事故の収束に向けた道筋 当面の取組のロードマップ(改訂版)(PDF:568 KB)
資料第3号 TMI-2 Clean-upプログラムについて(PDF:659 KB)

第2回
資料第1号 プール並びに炉心からの燃料取り出し作業のイメージについて(PDF:392 KB)

第3回
資料第2号 各作業の実施に必要な技術の確立のために当面実施すべき検討課題(PDF:162 KB)
(第1、2回の議論を踏まえて、見通し、開発時期、国際協力などが整理された)

特に第3回では国際協力に関する意見のとりまとめがなされた。

  • 国際社会への情報公開・発信
  • 諸外国政府機関、国際機関、民間事業者からの情報・助言への対応

 

設置目的(資料1−1より):

(前略)現在、事故を収束させるために、安定した炉心冷却システムを構築し、安全な停止状態を継続できるようにする努力が行われています。これが達成された後は、使用済燃料を取り出すことに始まり、発生する放射性廃棄物を管理しつつ、廃止措置に終わる取組に着手することが予定されていますが、この取組は、過去のTMI事故における事例から判断して、相当の長期間を要すると予想されます。国としては、東京電力のこうした取組の着実な進展を促すために、この取組のロードマップとその実現に向けて効果的と考えられる技術開発課題を早急に取りまとめるべきです。(中略)そこで、原子力委員会は「東京電力(株)福島第一原子力発電所中長期措置検討専門部会」を設置し、この取組のロードマップを取りまとめ、その実現に向けて分担するべき研究開発や、実現に向け必要となる制度の整備等の取組を関係者に提言していくこととします。

構成員:

秋庭 悦子、原子力委員会 委員
淺間 一、東京大学大学院 工学系研究科 教授
井上 正、財団法人電力中央研究所 研究顧問
太田 勝正、名古屋大学 医学部 教授
大庭 三枝、原子力委員会 委員
尾本 彰、原子力委員会 委員
近藤 駿介、原子力委員会 委員長
鈴木 達治郎、原子力委員会 委員長代理
高田 毅士、東京大学大学院 工学系研究科 教授
田中 知、東京大学大学院 工学系研究科 教授(部会長代理)
角山 茂章、会津大学 学長
東嶋 和子、ジャーナリスト
豊松 秀己、電気事業連合会 原子力開発対策委員会 委員長
(関西電力株式会社 取締役副社長)
内藤 香、財団法人核物質管理センター 専務理事
野村 茂雄、独立行政法人日本原子力研究開発機構 理事
羽生 正治、一般社団法人日本電機工業会 原子力政策委員会 委員長
(株式会社日立製作所 執行役常務)
早瀬 佑一、東京電力株式会社 顧問
松村 一弘、日本原燃株式会社 取締役副社長
山名 元、京都大学 原子炉実験所 教授(部会長)
和気 洋子、慶應義塾大学 商学部 教授


東電、565頁の経済産業省原子力安全・保安院への報告書を公開

9月9日に東京電力は同日、原子力安全・保安院へ報告したこれまでの状況を取りまとめた565頁にわたる報告書を公開した。大部ではあるが一度は印刷して、目を通すべき資料である。

・福島第一原子力発電所 東北地方太平洋沖地震に伴う原子炉施設への影響につ
いて(PDF 24.4MB)

本文64頁
添付資料501頁

  • 地震発生時の運転、地震応答状況
  • 津波第一波、第二波の被災時状況
  • 1号機から6号機までの事故進展状況
  • 使用済燃料貯蔵施設の状況
  • 放射性物質の大気中、海水中への放出量の評価
  • 作業者の被ばくについて

添付資料には以下の詳細資料が掲載されている

  • 地震発生時の各号機の加速度、応力解析
  • 各号機の3月11日14時46分からの分刻みの経緯
  • 各号機の非常用炉心冷却系の地震時、津波到達まで、津波到達後の状況一覧
  • 各号機の炉心解析(Modular Accident Analysis Programコードによる解析結果)
  • 各号機の原子炉格納容器(PCV)ベントについて
  • 基準を超える放射性物質濃度の海洋排水の放出に関わるモニタリング
  • 作業者の外部・内部被ばく線量分布、線量限度を超える作業者
  • 事故の収束に向けた道筋、当面のロードマップ(〜3年程度)

日本ロボット学会学術講演会併設「震災対応ロボティクス・シンポジウム」資料

パネリストのパワーポイントを公開

間野隆久(製品科学技術センター)「これまでの海外の取り組み」
平成11年9月の東海村臨界事故をうけて、平成11年度第二次補正予算(電源特別会計)原子力防災支援システム開発費補助金30億円のプロジェクトが実施された。このプロジェクトの一環として当時行ったヨーロッパ,特にフランス、ドイツの原子力設備事故対策を担当する組織の当時の調査結果と、現況を概説。

大須賀公一(大阪大学)「災害対応に求められるロボット技術」
平成7年1月の阪神淡路大震災をきっかけに生まれ、平成23年3月の東日本大震災までの間に実施されてきた災害対応ロボット・レスキューロボットのロボット研究の経験に基づいて、ロボットの研究の方向性を展望した。災害の様相の多様性と、必要な機材の階層生、研究の連続性、災害時と平時の連続性、尖った先端研究と広い周辺技術を階層化させた市場を作ることの重要性を指摘した。

中村仁彦(東京大学)「対災害ロボティクス・タスクフォース」
ボランティアの超学会組織、対災害ロボティクスタスクホース(チェアマン:淺間 一)のこれまでの活動を説明し、中期的な原発対策に向けた指針、長期的な災害対策に向けた研究開発の取り組みについての提案を行った。対災害システムと「防衛」、災害対策義務の法整備、中立的な民間研究機関の設立の提案等を紹介。

日本ロボット学会学術講演会併設行事: 「震災対応ロボティクス・シンポジウム」

日時: 2011年9月6日(火) 13:00-16:00
場所: 芝浦工業大学 交流等5階大講義室
主催: 日本ロボット学会
協賛: 対災害ロボティクス・タスクフォース
プログラム:
13:00-13:05 挨拶 ロボット学会会長
13:05-13:55 災害に対する備えとしてのロボット技術
13:55-14:45 東日本大震災におけるロボット技術の適用
14:55-16:00 パネルディスカッション:災害時にロボット技術をスムースに導入するための課題


防衛省、無人機とロボット購入へ

asahi.comは、防衛省は第3次補正予算案に日米の無人航空機と米国製のロボットの購入を要求すると伝えた。フジ・インパック社の「B2」、ボーイング社とその子会社の「スキャンイーグル」、アイロボット社の「パックボット」各2台ずつの計画。

http://www.asahi.com/national/update/0914/TKY201109140225.html


日本ロボット学会学術講演会併設:震災対応ロボティクス・シンポジウム (2011.9.6)

日本ロボット学会学術講演会の併設行事としてシンポジウムが一般に公開されます。対災害ロボティクスタスクフォースも協賛しています。参加費は無料です。お誘い合わせの上でご参加下さい。

会場:芝浦工業大学 豊洲キャンパス
〒135-8548  東京都江東区豊洲3-7-5

http://www.shibaura-it.ac.jp/access/index.html

併設行事: 震災対応ロボティクス・シンポジウム

日時:  2011年9月6日(火) 13:00-16:00
場所:  特別講演室(交流等5階大講義室)
対象:  一般
協賛:  対災害ロボティクス・タスクフォース

■開催要旨:
東日本大震災およびそれに伴い発生した東京電力福島第一原子力発電所の事故の対策において,無人化施工などの遠隔操作技術を含むロボット技術がすでに導入されており,また今後も,復旧を含む中長期にわたる計画において,その適用が期待されている.しかるに,これまで国内で開発されてきたロボット技術が,スムースに活用できたかといえば,必ずしもそうではなかった.本シンポジウムでは,これまで,東日本大震災および原子力発電所の事故対策として用いられた技術や,現在産官学で検討されている取り組みについて紹介するとともに,ロボット技術活用における問題の検証を行い,今後の課題解決をいかに進めるべきかについて議論を行う.

■概要:

災害対応ロボティクスに関する官の取り組みの紹介
各省庁およびその連携による取り組み
災害対応ロボティクスに関する学の取り組みの紹介
対災害ロボティクス・タスクフォースや各学会での取り組み
災害対応ロボティクスに関する産の取り組みの紹介
産業競争力懇談会プロジェクト
ロボットビジネス推進協議会における検討
東日本大震災および原子力発電所事故の対応におけるロボット技術適用事例紹介
パネルディスカッション「今後の災害対応に求められるロボット技術の開発とその運用」

■プログラム
震災対応ロボティクス・シンポジウムプログラム

平成23年9月6日(火)13:00-16:00
(プログラムは若干変更される可能性があります)

13:00-13:05 挨拶(5分)
川村会長(立命館大学)

13:05-13:55 災害に対する備えとしてのロボット技術
ロボットビジネス推進協議会における検討(10分)
石黒 周(MOTソリューション)
経済産業省における災害対応ロボット応用技術開発(仮題)(10分)
藤木俊光(経済産業省製造産業局産業機械課)
産業競争力懇談会プロジェクトにおける検討(10分)
淺間 一(東京大学)
産業競争力懇談会プロジェクトWG2(無人化施工)における検討(10分)
鶴岡松生(鹿島建設)
産業競争力懇談会プロジェクトWG3(原子炉解体)における検討(10分)
齊藤莊藏(日立GEニュ-クリア・エナジー)

13:55-14:45 東日本大震災におけるロボット技術の適用
原子力発電所における事故対応で活用されているロボット技術(10分)
淺間 一(東京大学)
福島第一原子力発電所へのQuinceの導入(10分)
小柳栄次(千葉工業大学)
青森・岩手・宮城県でのロボットを用いた震災対応活動と今後の課題(10分)
松野文俊(京都大学)
遠隔操縦機ROVによる水中探索(10分)
浦 環(東京大学)
セラピー用ロボット・パロによる震災等被災者・支援者等に対する心のケア(10分)
柴田崇徳(産業技術総合研究所)

14:55-16:00 パネルディスカッション:災害時にロボット技術をスムースに導入するための課題
日本における原子力ロボットの取り組み(10分)
淺間 一(東京大学)
これまでの海外の取り組み(10分)
間野隆久(製造科学技術センター)
災害対応に求められるロボット技術(10分)
大須賀公一(大阪大学)
対災害ロボティクス・タスクフォース(10分)
中村仁彦(東京大学)
ディスカッション(25分)
モデレータ:淺間 一(東京大学)


ロボットオペレータのブログ(その後2)

「ロボットオペレータのブログ」が米国電気電子学会(IEEE)のオンラインマガジンのIEEE Spectrumのロボティクス・ブログに英訳、転載された (2011.08.23)。同ブログページのエディターのErico GUIZZO氏の寄稿。

http://spectrum.ieee.org/automaton/robotics/industrial-robots/fukushima-robot-operator-diaries

著者が削除した「ロボットオペレータのブログ」の記事の翻訳、転載の同意をIEEE Spectrum がどのように扱ったかについては関心をもって見守りたい。公共のニュース性があるとのGUIZZO氏のジャーナリストとしての判断か。オンラインマガジンの記事の中で同氏は「ロボットオペレータのブログ」について以下のように述べている。

「何が役立ち、何が役立たなかったを説明することで、S.H.は自身のブログを、緊急事態に対応するロボットを開発する企業や研究者にとって必読の資料とした。」(S.H.は「ロボットオペレータのブログ」の著者のイニシアルとのこと)
“By explaining what works and what doesn’t, S.H. made his blog must-read material for companies and researchers developing robots for emergency situations.”

この点については「ロボットオペレータのブログ(その後)」で述べたアンカーマンの意見と共通している。

“Japan’s lack of robots”について海外ジャーナリズムで繰り返される好奇心については、ジャーナリズムの公共性が国境を越えられない現実には驚かないものの、国際的学術組織がもつべき公共性と客観性について、まれにではあるが時に訪れる異質な靴音の響きを聞き取り新鮮な驚きを感じた記事である。


日本のロボット利用に関する現状と課題 −福島第一原発における災害用ロボット活用事例から読み解く−

IEEE記者セミナーとして、東北大学小菅一弘教授と田所諭教授による標記セミナーが8月4日、東北大学東京分室内会議室において開催されました。小菅教授はIEEE Robotics and Automation Societyの会長、田所教授は同次期副会長。田所教授のPDF を提供いただきアップロードしました。セミナーの取材記事のリンクを以下に貼ります。詳しい内容が紹介されています。

(紹介記事)
マイコミジャーナル
Response


フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在39人フォロワーがいます。